里山ボランティアの日

2017.11.5 毎月開催中!


2017.9.30里山ボランティア①

第2回「里山ボランティアの日/斯波さん山の整備」

9月17日(日)に雨天中止となっていた第2回「里山ボランティアの日」の順延を、
9月30日(土)行いました。
~お気に入りの軍手は、STHIL製✋✨~
~お気に入りの軍手は、STIHL製✋✨~

ボランティア作業の内容は、里山倶楽部が20年以上にも渡り、保全活動(維持管理)を続けさせていただいている、薪炭林の整備です。

午前中は、里山俱楽部から、その薪炭林までの道中の整備。午後には、その薪炭林と隣接する谷合いの棚田を結ぶ、小道の草刈を行いました。

 

一日を通して主な作業となったルート整備は、わずか一年人が歩かない(手入れをしない)だけで、道は藪と化し、場所によっては、まさに藪漕ぎといった状態の箇所も。

 

「道」は散策道に留まらず、 その先の場所を維持管理するための、人や道具を運ぶ大切な役目を果たしています。

当日は、朝から4名、午後からは「源流米パラダイス」より源流米の森の整備のメンバーも加わって、合計16名のご参加のもと、手鎌や刈り払い機、子供たちも大人と一緒に、ルート上に倒れこんだ竹の片付けなど、それぞれの体力と力量にあった作業で楽しみながら、爽やかな汗を流して下さいました。

 

大勢で作業をする意味の一つには、大勢が、その道の存在を知り、また手入れの仕方を広める機会に繋がります。そして、みんなで手分けをすれば、作業は格段に捗ります。

 

秋の里山は、これからが紅葉の季節。
森の作業で疲れたら、田んぼを覗きに小道を歩いたり、田畑の作業の息抜きに小道で森を散歩してみたり。そんな些細な往来が、自ずと保全や点検につながり、大事を未然に防ぎます。

 

楽しむことから始まる、里山ボランティアの日。

是非また足をお運びください。

当初の日程、9/17(日)にご参加を予定くださいっていた皆様にも、併せてお礼を申し上げます。
ご協力くださった皆様、有難うございました。

~作業の合間、休息のひと時。笑顔と汗に、感謝です。~
~作業の合間、休息のひと時。笑顔と汗に、感謝です。~

日 程

今月の『里山ボランティアの日』は…、

  • 平日/11月7日(火):自然農場の援農体験「サツマイモ掘り」
  • 休日/11月12日(日):キッズ畑の手入れ他、フィールド整備(台風被害のケアなど)

費 用

無料

時 間

9:00~16:00

申込方法

NPO法人 里山俱楽部『里山ボランティアの日』

TEL&FAX:072-333-0309

Mail:sasayuri@satoyamaclub.org

*お申し込みは、必ず開催日の前日までにご連絡ください。

(詳細をお知らせいたします。)

里山倶楽部ってどんなところ?

  • 団体概要
  • 里山の達人たち
  • 入会のご案内