ワークショップ里山日和♪『手前味噌づくり体験』参加者募集中!

2018.2.12 参加者募集中♪


~手前味噌のお味噌汁と、大豆を絞った卯の花~

2018年2月25日(日) ワークショップ里山日和♪

『手前味噌づくり』体験 参加者募集中!

 

~生大豆~
~生大豆~

手前味噌ではありますが…、

 

これは、ちょっと自慢したくなるような、

そんなエピソードの頭にそえられる、お味噌が由来のかわいい言葉。

 

手前味噌とは、文字通り、手前(自分・自宅)で仕込んだ味噌の事。

その出来を、誇らしく自信をもって、だけどちょっと謙遜しながら、

そんな日本人の心、おくゆかしさを感じることばが、“手前味噌ではありますが…”。

 

大豆は、ゆっくりじっくり時間をかけて釜戸で炊きました。
~へっついさん~

本心はきっと、自慢したくでたまらない味、そんなお味噌が手前味噌。

 

同じ材料でも、作り手の手間暇のかけ方、保存方法、

そして、一人一人の手のぬくもりや力加減、手や周りにある常在菌、

そんな目に見えない隠し味が、

里山のへっついさん(羽釜のかまど)でじっくりコトコト煮込むお豆さんたちに、

 

~へっついさんで大豆をコトコト~
~へっついさんで大豆をコトコト~

素敵な魔法をかけてくれます。

 

大豆を煮ていくところから始めます。

大きな羽釜にぐらぐらお湯を沸かし、

その中で踊る大豆を吹きこぼれないように、

かまどに薪を足したり、引いたり。

 

寒い季節ではありますが、手前味噌の仕込みには、この寒仕込みが、一番適しています。

世界にたった一つの手前味噌、約2キロのお土産付きです。

待ってました!のお味噌の季節。どうぞ焚き火でほっこり、里山の空気も楽しみながら、

一日のんびり、お味噌仕込みの手しごと体験、ご参加お待ちしております。

※材料等、準備の都合上、募集の締め切りは、2月17日(土)とさせていただきます。

(先着順:2/17以降は、お申込数に空きがあれば、受付可能です。ご相談ください。)

~熟成具合で、こんなに色が変わります。左:仕込みたて、中:一年熟成、右:2年熟成~
~熟成具合で、こんなに色が変わります。左:仕込みたて、中:一年熟成、右:2年熟成~

日 程

2018年2月25日(日)

費 用

  • 大人:3500円
  • 中学生以下:2000円

*昼食には、昨年に仕込んだ手前味噌で、温かなお味噌汁をご用意いたします。

お弁当はご持参ください。

 

*持ち物:お弁当、水筒、マイコップ、防寒具、布巾、ビニール手袋(厚手がおすすめ)、軍手、汁椀、塩250g(お好きなお塩)、仕込み容器、汚れてもよい服装(焚き火の火の粉が飛んで、衣服に穴が開く場合が稀にあります。高級な衣服はお避け下さい。)、その他、各自で必要なもの。

 

※仕込み容器には、約2Lの容量をご用意ください。初めて仕込まれる方へのおすすめは、上記添付写真の果実酒瓶です。中身が透けて見えるため、カビや空気の管理が容易になります。

 

時 間

10:00~15:40

*お豆の煮え具合、仕込み作業の進捗状況により、終了時間が若干前後する場合があります。

予めご了承ください。

申込方法

 

NPO法人 里山倶楽部『里山日和♪』

  • TEL&FAX:072-333-0309
  • MAIL:sasayuri@satoyamaclub.org

※開催日の2/17(土)までに、参加希望人数、性別、年齢を添えてお申し込み下さい。

 

 

私が担当します

里山倶楽部ってどんなところ?

  • 団体概要
  • 里山の達人たち
  • 入会のご案内